サバイバー紹介〜幸運児:不明〜

【概要】

IdentityVのリリース当初から実装されているキャラクターの一人。チュートリアルで入手できる。

本名・年齢・出身階級・職業が不明、好きなものは「箱」、嫌いなものは「犬」、誕生日は判明している(11月22日:蠍座)。

庭師、泥棒と同様に初期から実装されているサバイバーであるにも関わらず、彼だけ背景推理が用意されていない。公式監修が入っている舞台版でも自らが提案した「ボーイ」という仮名で通しているため、とにかく素性が謎めいているキャラクター。

容姿は刈り上げの茶髪とそばかすに眼鏡、全体的に地味な服装をした若い男性。特にこれといった特徴や個性はなく、まさにそこら辺にいる「普通の人」。 

【立ち回り】

基本、サバイバーはそれぞれ開始からアイテムを持ち解読速度アップや乗り越え速度アップなどの得意分野を持つが、幸運児にはそれがない
アイテムを最初から所持しておらず、解読速度が速くなったりや乗り越え速度早くなったりしない(負傷すると2秒ほど加速する) 

一見すると最弱に見える彼だが、何も持たない代わりにある特徴を持つ。 

ステージには道具箱があり、それを開けると専用アイテム以外のアイテムを手に入れることが出来る。基本手に入れるアイテムを選ぶことが出来ないが、幸運児はアイテムを指定するが出来る(※必ず指定したものが手に入る訳ではなく、高確率で指定したアイテムを入手出来る)

「ラグビーボール」や「香水」を出しチェイスし、「操縦機」を出してパペットと共に解読したり壁にしたり、「信号銃」を出して救助に向かうといった芸当が可能。 
また、ほかのサバイバーの補助のためにアイテムを出して置いておくなど、その気になれば臨機応変な行動も可能になる。

また、基本能力がアップする特質を持っていないがダウンする特質も持っていない。強みがないが弱みもないのでプレイヤーの腕前・スキルの影響が出やすいサバイバーと言える。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする